歯列矯正の咬合学

歯並びや歯の形を変えると言う事は、顎運動や頸椎の動きに影響を与える事になります。

新しい歯並びに顎運動や頸椎が対応できない場合は歯の形態を変える必要が出てきます。

特に前歯の歯軸変化は頸椎への影響も大きくなります。

歯並びによって咬合が変化する場合の5法則を元に歯列矯正で起こる現象を分析し、歯列矯正治療で発生するデメリットの不調を改善する方法を提案します。

 

咬合の5法則とは

1.顆路の傾斜度 (顎関節に影響する)

2.調節湾曲の程度 (顎の動きに影響する)

3.咬頭の高さ (歯の形に影響する)

4.切歯路角 (上下前歯の重なり具合や審美性に影響する)5.咬合平面の傾斜度 (頸椎の動きや位置、姿勢に影響する)

があり、これらが互いに増加、減少する事で咬合のバランスを取りますので、どれか1つでも変化を生じたら残り4つも変化するという法則です。

 

5つの法則は下図を参照

歯列矯正で直接関係のある変化は法則2、4、5です。

 

中でも前歯はダイナミックに変化し、最も体に影響があらわれますので症例を例に挙げて解説して行きます。

歯型模型の術前と術後で起きている歯列の変化を5法則に当てはめてみて、この方が術後に悩まれている不調と歯並びの変化に因果関係があるのかを調べて行きます。

 

主訴は前歯の歯並びの噛み込みが深く、特に上は長くて前に出ている事を気にされて歯列矯正を受診されました。

下の写真は左が術前で右が術後です。

下の2枚の写真は術後の奥歯左右です。

術前と術後の変化を比較してみると、術後は前歯の被蓋(上下の歯の重なる量)を浅くして内側に入れた歯列になっていて、奥歯は噛み合い方に隙間が多くかなり不安定になっている事がわかる。

 

前歯の変化は法則4の切歯路角が大きく減少した事になるので、残り4つの法則がどの様に適応されて行くかを見て行きます。

 

4の切歯路角が減少すると

1・顆路の傾斜度は小さくなる。

2.調節湾曲(スピー湾曲、ウィルソンカーブ)の程度は緩くする。

3.咬頭の高さを低くする。

5.咬合平面の傾斜度を急にする。

の関係が割り出されます。

 

上記に基づいてその他の項目2と5が歯列矯正で上記の調整がされていれば問題ありませんが、本ケースは該当していませんでした。

 

1・顆路の傾斜度は小さくなる。

この対策として、術前よりも浅い角度の軌道となりますので、健全な顎関節機能が無ければクリックを引き起こします。

関節円板の動きに対して正常な可動性確保(顎関節の矯正)が必要となります。

術前にスタビライゼーション型スプリントで顎関節調整を必要とします。

 

2.調節湾曲(スピー湾曲、ウィルソンカーブ)の程度は緩くする。

臼歯部は歯列矯正での歯の移動様式が傾斜移動ではなく並行移動が求められ、更に歯軸は垂直方向への微調整が必要とされる。

本ケースでは歯牙移動様式が傾斜移動になっていて、歯軸の傾斜が強すぎて顎運動に不調和を与えてしまい咀嚼筋の緊張を促してしまいます。

 

3・咬頭の高さを低くする。

歯科治療で前歯の傾斜角度に合わせた咬合調整(リシェーピング)が必要ですが

歯列矯正医のほとんどが行っていません。(補綴治療の領域のため)

放置すると歯の詰め物がはずれやすく、エナメル質や被せ物は割れやすくなる。

歯ぎしり、食いしばりを誘発する。

本ケースは未調整でした。

 

5・咬合平面の傾斜度を急にする

歯列矯正で臼歯部を圧下させて平面が前方傾斜する様に矯正する必要があるが、技術的難易度が高い為か傾斜角度の不足が起きている。

アンカースクリューなどを使用して高度な歯列矯正術が必要だったと思われる。

咬合平面の傾斜角度が小さくなると、第2頸椎の後方移動が発生しやすくなり頸椎の歪みやストレートネックを誘発する。

 

歯列矯正後に患者様が悩んでいた症状

・顎のずれ(見た目)

・顎関節部のクリック

・時々起こる頭痛

・側頭筋 咬筋のこりやはり

・大臼歯の詰め物が取れて穴が開いた

・首の凝り

・ストレートネック

・骨盤、体の歪み 

となっています。

 

まとめ

この方の歯列矯正後に発生した不調は、歯並びが変化する際に考慮すべき【咬合の5法則】に乗っ取った治療がなされていない項目の該当する症状に全てあてはります。

 

この様に歯科治療や歯列矯正で不調が起きた方は歯並びの変化に体が対応出来ない部分に発生しますので質の高い一流の歯科治療を受けるか、その変化に順応できる体にする整体施術を受けるかの選択となります。

 

前歯の歯並びを変える場合は体への影響も大きいので慎重さが必要です。

 

歯列矯正中に上記の理論を元にして、歯列矯正での歯並びの変化に応じた頭蓋骨や骨格矯正を施すことで不調を改善しながら、リニューアルする歯並びへの準備が出来ます。